あなたが知らない意外な車の査定豆知識

あなたが知らない意外な車の査定豆知識

車は5万キロを査定金額は下がるか

車買取の各業者の公式サイトなどを見てみると、よくフォームが設置されています。
それに色々と情報を入力してから査定を依頼する訳ですが、
どの業者のフォームにも必ず入力しなければならない情報があります。

 

走行距離です。

 

基本的には走行距離は、長いよりも短い方が有利ではあります。

 

極端に短すぎるのも買取金額が下がる可能性が
高いのですが、基本的には短い方が有利なのです。

 

ところで車買取の金額は、ある一定の距離を超えると
大幅なダウンになるとの意見があります。
では具体的にはどの程度なのかというと、5万キロだそうです。

 

ちょっと極端な話ですが自動車の走行距離が49999キロならば買取金額は30万円ですが、
5万キロを超えた途端に20万円になってしまう等の具合です。
つまり5万キロはボーダーラインの1つという意見がある訳ですね。

 

では、それは本当なのでしょうか。
正直、お店によって異なっているそうです。その5万キロという一線を超えると、
査定金額がダウンするお店もあるようですね。

 

しかし、それはあまり関係ないというお店など様々です。
また10万キロがボーダーラインという意見もありますが、それも実は定かではありません。
99900キロから10万キロになっても、それほど金額が下がらない事例もあるからです。

 

それは恐らく、高速道路を走っているからだと推理します。
高速道路はデコボコも少ないので、過走行でもあまり金額が下がらないケースが多いからです。

 

 

 

このように何キロ超えると査定金額がダウンするかは、
諸説あるのが現状です。
一番肝心なのは、とにかく走行距離は
査定金額に影響を及ぼすという点です。
あまり長い距離を走っているような車は、概して査定金額は下がると考えて間違いないでしょう。


自動車の状態は、買取可否に関わってくる場合があります。
例えば事故を起こしているような車の場合は、買取が厳しい場合があるのです。ある大手の業者の場合は、事故車買取をお断りしているようですね。後になってトラブルが発生する可能性もあるからだそうです。

 

また10年落ちの車の場合も、買取が少々困難な場合があります。査定金額がゼロ円と言われてしまう事も、たまにあるようですね。
しかし全ての業者が、上記のような状態が厳しい車の買取をお断りしている訳ではありません。買い取り業者によっては、やや状態に難がある車でも買い取ってくれる事があるからです。状態が厳しい車を売却する時には、そのような業者を選ぶのも大事ですね。

 

ところで秋田県に、T4という業者があります。秋田県では車の買取業者は少なめなので、やや貴重な業者という事になります。
秋田県のT4では、上記のように状態が厳しい車でも買い取ってくれるそうです。例えば10年落ちの車ですね。そのような車でも、状況次第では高額査定が成立する事があるのだそうです。特に特定の車種で、その傾向が顕著のようですね。ディーゼル車や4WDなどの場合は、たとえ状態が厳しくても高い金額が提示される事もあるようです。

 

それと動かなくなってしまっているような車ですね。本来そのような車は買取が厳しくなる事も多いのですが、秋田県のT4の場合は買い取り対象だそうです。また車検が切れてしまっているような車でも、T4では問題ありません。
クラウンアスリート 買い取り

 

なぜそのような幅広い車を買い取れるかというと、T4では海外に対する販売ルートがあります。日本で評価が低い車でも、海外では高く評価される事がある訳ですね。
ですので秋田エリアで少々厳しめな車の売却を希望しているのであれば、ちょっとT4で査定を受けてみると良いのではないでしょうか。

続きを読む≫ 2015/01/02 18:05:02

かなり以前の事ですが、私の知人の1人は車Aを持っていました。現在知人は、その車Aを持っていません。別の車Bを持っていますね。つまり知人は、一度車を売却しているという事になります。

 

ところで知人がAを売却したのは、確かかなり前です。少なくとも今から25年くらい前には、Aを保有していました。ところが20年ぐらい前にはそれを保有していませんでしたので、恐らく20年ぐらい前には売却していると思います。かなり以前の話ですので、「20年前」というのはちょっと曖昧な一面もありますが。

 

ところで知人は、果たしてAをどこに売却したのでしょうか。ディーラーに売却したのでしょうか、それとも車の買取専門店に売却をしたのでしょうか。
私の個人的な推理になりますが、恐らくディーラーに売却しています。今から20年前というタイミングは、今ほど買取専門店がメジャーではなかったと思います。むしろ当時は、買取専門店というお店がある事を知らない人々も多かったのではないでしょうか。

 

まして20年前であれば、インターネット媒体もありません。ですので少なくとも一括査定サイトを用いていない事だけは確かですね。となると恐らく知人としては、ディーラーに売却しているのではないかなと推理します。
ベンツ 下取り

 

ただ現在では、ご存知の通りインターネット媒体がかなり普及しています。ですので恐らく現在の知人は、一括査定サイトの存在を知っているかなと思います。このため今後知人が車Bを売却するのであれば、一括査定サイトを利用する可能性もありますね。もちろんそれは私の想像なのですが。
恐らく上記のような人々は、案外多いと思います。「時代の流れに伴って、車の売却方法も大きく変化した」とも思いますね。

続きを読む≫ 2014/10/31 23:14:31

自動車の中には、とてもクラシックなタイプのものがあります。

 

例えば昭和初期の雰囲気が感じられるような車も、たまに見かけますね。いわゆるクラシックカーが、それに該当します。レトロな雰囲気が感じられるので、ファンの方々も多いのではないでしょうか。

 

しかし人によっては、現在持っているクラシックカーをそろそろ売却しようかと検討している方もいらっしゃる事でしょう。かなり高い金額で売却できる事例が多いだけに、それを検討している方々も多いと思います。

 

ところでそのタイプの車を売る場合には、2点のポイントがあります。まず1つ目ですが、専門店です。

 

買い取り専門店といっても色々なジャンルがあるもので、特定の車種に強い業者もあるのです。アメ車を専門に買い取っているような業者もありますし、トラック専門の業者などと買い取り店も様々なものです。

 

その中にはクラシックカーを専門に買い取っている業者もあります。そのような専門業者の場合は、幅広いタイプの車を買い取っている業者よりも買取金額が高めになる事が多いそうです。ですのでクラシックカーの専門業者に売却をする選択肢が浮上するでしょう。

 

2つ目ですが、やはり複数の業者に対してそれを依頼するのが良いと思います。1社だけで決めるのではなく、複数業者の査定金額を比較するのが車売却が基本だからです。

 

そのためには、やはり一括査定のサイトを利用するのが効率的だと思います。幅広い車を買い取っている業者の中にも、もしかするとクラシックカーを高く買い取ってくれる所もあるかもしれません。

 

また店舗査定で一社一社を回っていると、時間もかかってしまいます。効率良く比較をするためにも、クラシックカーは一括査定サイトを利用するのが良いでしょう。
mini 買取

続きを読む≫ 2014/10/08 22:45:08

先日私はインターネットで、ちょっと中古車の販売価格を調べていました。その時にかなり驚くような価格の車を見かけました。結論から言うと、かなりの勢いで価格が下落している車です。

 

その車の場合、今年の3月の時点では販売価格の平均値は490万円台だったそうです。比較的割高な車ですね。

 

ところが3ヶ月後に、かなり大きくその価格が下落していたのです。6月になった時には、その車の平均価格は410万円台だったそうです。という事は、わずか3ヶ月で80万円近くもの下落が発生している訳です。

 

車の相場というのはかなり大きく動くという話は、私は度々聞いていました。しかしまさか3ヶ月間で80万円も動くとは、ちょっと意外でした。

 

私は上記のデータを見て、車売却を行う時にはやはり早くアクションを起こすのは大事だなと思いました。わずか3ヶ月で80万円も動く事例がある訳ですから、あまりのんびり構えてしまいますと勿体ないと思ったのです。

 

それにしても3ヶ月間で80万円が動く理由が、少し気になりますね。モデルチェンジでも発生したのでしょうか。

 

現実にそのような価格の推移データがある以上は、やはり車買取は少しでも早くアクションを起こした方が良いと思います。車によっては、わずか1日で1割近くもの価格下落が発生するケースも有るそうです。ある日の車の販売価格が100万円ですが、翌日には90万円といった具合です。

 

買取というジャンルでは、スピードはとても大事になります。ブランド品でも不動産でもオーディオ機器でも、とにかく色々なジャンルでスピードは大事だと思います。ただ車の場合は動く金額がかなり大きいだけに、スピードが特に大事なように思えてなりません。
ライフ 買取

続きを読む≫ 2014/10/08 17:40:08

ホーム RSS購読 サイトマップ